女性の薄毛改善におすすめの病院や治療法を紹介

女性の薄毛治療のすゝめ|おすすめの治療法や病院・育毛剤とは

国内脱毛(脫毛)人口が1000万人を超えるとの毛髪ハクフェウン推定している。 国民の20%が脱毛に悩んでいるわけだ。 健康保険審査評価院によると、最近5年間の脱毛患者のうち、10代以下が13%、20〜30代の患者が46%に達した。 これは勉強とストレスなどにより円形脱毛症と貧毛症などが増えたためと分析される。

ミョンジ病院皮膚科毛髪クリニックベテラン教授チームが2007-2015年、最近8年間の脱毛患者3045人を分析した資料によると、20〜30代の若い女性層の脱毛患者が継続的に増加し、全体の52.3%を占めた。ノ教授チームが分析した脱毛の種類は、アンドロゲン(androgen)性脱毛症患者が全体の67.7%(3,045人)を占め、円形脱毛症28%、休止期脱毛症1.8%、その他の脱毛症が2.5%を占めた。 性別分布は男女比が1.06対1での差はほとんどなかった。

脱毛人口1000万人時代を迎え脱毛防止、頭皮(頭皮)の管理に関する市場が急成長している。 かつら、シャンプー、医薬品、この及び美容メーカーはもちろん、デパート、大型マートでも、頭皮と脱毛関連の新製品を発売して店を拡大している。 現在、食品医薬品安全先の許可を受けたシャンプー項目だけ323個に達し、最近では低出力レーザーが出てくる脱毛治療器が販売されている。

国内脱毛関連市場規模は、2004年に4000億ウォンで、昨年4兆ウォンに10倍増加した。 2004年500億ウォン規模だったかつら市場も昨年1兆2000億ウォンで、20倍以上の成長した。 薄毛が少ない貧毛症(貧毛症)の女性は、部分かつらを多く使用してフルウィッグユーザーの60%を占めている。

脱毛(alopecia)と正常に毛髪が存在しなければなら部位に毛髪がない状態をいい、一般的に頭皮の聖母が抜けることを意味する。 つまり、頭皮から太く黒い髪が抜けたり、よく出ていないことをいい、最終的には髪の密度(密度)が低くなり、頭皮が明らかにされる。

西洋人に比べて、毛髪密度が低い韓国人は、通常、7万個の髪があ​​り、一日に50〜70個程度落ちることは正常な現象とみなす。 しかし、洗髪する抜ける髪の毛が100を超えると、病的な原因によるものである可能性が高いので、専門医に相談をするのが良い。

脱毛症が深刻化した場合には、単に髪が薄くなる少なくなるだけでなく、深刻なルックスコンプレックスを経ることができる。 外見に自信が離れて消極的な性格で可変的な結婚、就職などの人生の一大事に障害になることができる。つまり、脱毛はすぐ命に支障を与える重篤病気はないが、本人が脱毛の原因のストレスが激しく社会生活に困難を経験するなら、正確な診断と適切な治療を受けなければならない。

臨床的に脱毛は傷が形成されているものと形成されていない2種類に分けることができる。 傷が形成される瘢痕性(瘢痕性)脱毛は、毛包(毛囊)が破壊され、毛髪の再生がされず、エリテマトーデスによる脱毛、毒発声モナンヨム、毛穴性扁平苔癬、画像や外傷による脱毛などがある。 一方、傷が形成されない非瘢痕性(非瘢痕性)脱毛は、毛包が維持されるため、症状の部位が消えた後、毛髪が再生され、遺伝性アンドロゲン性脱毛、円形脱毛、真菌感染症による豆腐百選、休止期脱毛、毛髪の生成障害疾患などがある。

 

女性の抜け毛の原因は、多嚢胞性卵巣症候群が多い!?

脱毛の原因は多様であり、脱毛症で頻度が高いのは男性型脱毛、女性型脱毛、円形脱毛症、休止期(休止期)脱毛、ノー性脱毛などがあります。 ハゲは遺伝的原因と男性ホルモンであるアンドロゲンが重要な因子で見ており、女性型脱毛も一部は男性型脱毛のような経路で起こるものと推定している。

全体脱毛の70-80%を占める男性型脱毛は、額からM字型に頭が落ちるが、頭頂まで拡大される。 原因は、男性ホルモンであるテストステロン(Testosterone)このセリフを介してジヒドロテストステロン(Dihydrotestosterone、DHT)という男性ホルモンに変化し生じる。 DHTは毛包を萎縮させ、髪の毛がますます細くなって、最終的には、髪が出ない。

男性型脱毛の治療は、テストステロンがDHTに変わらないようにするピナステリドゥ、デュタステリド成分の薬を使用する。 しかし、この薬は先天性欠損症などの危険性があるため、妊娠可能年齢の女性は使用しない。 ミノキシジル、アルファトラディオール成分の薬は塗り薬である。 薬物治療は、脱毛の初期に使用効果がより良い。

女性の脱毛は、病気が原因となって脱毛が生じる場合があり、最も一般的なのがダナンソン卵巣(卵巢)症候群である。 この病気があれば、男性ホルモンが増加し、毛包を攻撃し、脱毛が起こることがあります。 甲状腺疾患も脱毛と関連があり、甲状腺機能低下症がある場合、毛包の活動が鈍くなって、髪がよく陥り、甲状腺機能亢進症のときも、過度のエネルギー消費で栄養分が髪に均等に伝達されず、脱毛になることがあります。 貧血も脱毛の原因になる。

女性の脱毛治療法としては、塗る薬と飲み薬は、最近開発された治療法である成長因子(Growth Factor Cocktail、GFC)注入療法などがあり、ミョンジ病院は、2011年から頭皮に成長因子(SGF-57)を注入治療を施行している。毛髪成長因子注入術は、毛髪成長因子を痛みのない電気的刺激と微細針針を利用して、頭皮内に注入して脱毛を治療する方法である。

円形(圓形)脱毛症は、通常1〜2個の円形脱毛半分が生じたが、ひどい全身脱毛や髪全体前頭(全頭)脱毛症に悪化することができる。 通常ストレスが原因だが、いくつかは、自己免疫疾患で自分の毛包を攻撃しながら発生する。 円形脱毛の約80%は自然に回復しますが、再発も多い。 治療は、ステロイド剤を使用する。

休止期(休止期)脱毛症は、内分泌疾患、栄養欠乏、出産、手術などの重度の身体的、精神的ストレスの後に発生する一時的な脱毛で毛髪の一部が毛髪の成長過程(成長期 - 退行期 - 休止期)中に毛が抜ける休止期が長くなり現れる。 特別な薬はなく、時間が経過するか、栄養不足が解消されると、髪が再び出る。

老化性(老化性)脱毛は年齢とともに現れる。 人は生まれたとき、頭皮に毛が10万個程度しますが、年齢とともにカスケードに減る。 毛包は、抜けた髪を再作成することを繰り返すが、老化になると、髪の再生能力が低下し、脱毛が生じる。 ノ火星脱毛は薬で治療がされていないため、蛋白質の食品を十分に摂取するなどの脱毛の悪化を防ぐ生活習慣を持たなければならない。

 

 

 

投稿日:

Copyright© 女性の薄毛治療のすゝめ|おすすめの治療法や病院・育毛剤とは , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.